ボウリングはたくさんの人が楽しむ場所です。
また、メンタルなスポーツなので、マナーやルールを守ってプレーしましょう。

 
 
ゲームが盛り上がって夢中になるのもボウリングの魅力ですが、過剰なパフォーマンスや大声など、他のお客様に迷惑が掛かるようなプレーは慎みましょう。
 
 

 
 
両隣のレーンで投げようとしている人がいたら、アプローチに立ってはいけません。事故防止もそうですが、投球前の人は集中していて、その横に立ってしまうと集中の邪魔になるものです。 基本的に先にアプローチに立った人が優先です。 また、投げ終わったら速やかにアプローチから降りて、ボールが戻ってくるのを待ちましょう。
 
 

 
 
アプローチ上には飲食物を持ち込まないようにしましょう。床にこぼれた飲み物がシューズの底に付着すると転倒したりして危険です。 また、アプローチのコンディションを損ないプレーにも影響が出ます。 万が一こぼしてしまった時は、ボウリング場のスタッフにきれいにしてもらいましょう。
 
 

 
 
レーンに対し垂直に投球するロフトボールはボールの威力を損なうばかりでなくレーンを傷める原因にもなりますので、絶対やめましょう。
 
 

 
 
足や身体がファールラインを越えてレーンもしくは施設に触れてしまうとファールになるので、せっかくストライクをとっても、この場合は得点になりません。